ブログ

人間に生れてくるには。

 

妖怪人間ベム

妖怪に生れた「ベム」「ベラ」「ベロ」の3人?3匹?が人間になる為に色々な苦難を乗り越えながら人間になったかな

らなかったか・・・が大体のあらすじかと思う。

「早く人間になりたーい」

アニメを観ていなくても、このフレーズを聞いたことがある方も多いと思う。

人間。

妖怪として・・はともかく人間として生まれてくる命もあれば、犬や猫、魚や昆虫で生まれてくる命もある。

人間として生まれてくる確率とは?

法然上人は

「この世に人間として生まれてくることは、天高くより糸を垂らし、大海の底に沈む「針」の穴に糸を通すような事と同じくらい難しい事だ」

と仰っている。

想像してみる。

天高くから大海に糸を垂らす。風も吹く。海に着水。波もうねりもある。糸がゆっくり沈み海底の針の穴に・・・

通るわけがない。

無理。

それくらい難しいと仰っている。

人として生まれる確率。

これを分かりやすく?「宝くじがどれくらい当たる確率」として導き出した方がいる。

筑波大学名誉教授 村上和雄氏

分子生物学者の世界的権威。

氏曰く

「人間としての細胞一個が生まれる確率が、宝くじ一等が100万回、しかも連続で当たるくらいの確率」

「人間は約60兆の細胞で出来ている」

「人間として生まれてくる確率は、宝くじ一等が100万回連続で当たる確率×60兆」

とのこと。

これも凄過ぎていまいちピンとこないような・・。

以前、福岡のお坊さんで宝くじで2回高額当選した方がいて話題になった。

2回でも凄いこと。

こちらは100万回、しかも連続。

しかも60兆かける。

天文学的、いや超天文学的な確率。

再度言うが氏は、分子生物学者の世界的権威である。

研究をすればするほど、とにかく「人間」として生まれてくるということは凄い事らしい。

難しいことはよく分からないけど・・。

しかしこの「命」はご先祖様が、途切れることなく繋いできた命。

その昔から数えきれない病気や飢饉、自然災害、戦乱等をなんとか乗り越えて繋いできた命のバトン。

ご先祖様は20代さかのぼれば、なんとまさかの100万人以上になる。

その方々誰一人、只の一人欠けてもこの「命」はない。

そういった方々がいてこそ、この「人間」として生まれることが出来た。

有り難い。

たしかに、超天文学的な確率かも。

そして「人間」として生まれたからこそ「お念仏」のみ教えに出会えた。

ちょっと想像してみると聞こえるもの、見えるものが変わってくる。

「人間」として生まれたからには。

お念仏を絶やすことなく繋いできた方々にも感謝して。

合掌

 

 

関連記事

  1. あこがれのゴールド免許
  2. お彼岸
  3. 別れ
  4. 12月8日は成道会
  5. おべんとう
  6. ふと思う・・・ (住職の一人ごと)
  7. 大覚寺 施餓鬼会の御案内
  8. ふと思う・・ (酉年にちなんで)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お寺ブログ カテゴリー

最近の記事

おすすめサイト

千葉市のインテリア仏壇 ルミエール

 

千葉市のギフトプラザ フレンド

PAGE TOP