ブログ

松風山 大覚寺 十夜法要の御案内

十夜法要とは

550年程前から続くとても大切な法要

正しくは「十日十夜法要」

読んで字の如く、元々は10日10夜にわたって行う法要であった。

現在は、諸々の諸事情により1日の法要で勤めるお寺がほとんど。

この法要は、浄土宗で最も大切な経典の一つ「無量寿経」の中で説かれている教えを実践したもの。

それは

「この世において十日十夜の間、善行を行うことは仏の国で千年間善行をする事よりも尊い!!」

こんなところからきている。

どういう事かというと

この世では生活していると内外様々な要因があり、善い行いをしづらい。

例えば

電車やバス等で、お年寄りや足の悪い方に席を譲ろうとして色々と考え過ぎて出来ない

勉強しようと机に向かっても、隣の棚の漫画を読んでしまったりして集中できない

志を高く始めた事を、3日ともたずに投げ出してしまう。物事が続かない。

愛妻家のあの人も愛夫家?のあの人も・・・。

等々、この世は内から外からと色々と誘惑には事欠かない。

そんな事ってありませんか?

心当たりがないという立派な人は・・そんなに多くないはずと思って進めます!

一方で「仏の国」

悩みも苦しみもない。

良い事ばかりな所では怠け心や卑しい心、様々な悪い心が起きません。

嫌な人もいない!様々な誘惑なし!

ですから

「この世において十日十夜の間、善行を行うことは仏の国で千年間善行をする事よりも尊い!!」

となる。

この世においての善行とは??

善い行いはたくさんありますが一番大切なのは、お念仏。

しかしこのお念仏

いつでも、どこでも、誰でも出来る易しい行といわれるが、心を定めて毎日お勤めするのは中々難しい方もいる。

常日頃お念仏お称えしている方も、そうでない方もあらためて日時を定め、心を定めてお念仏お称えしませんか?

阿弥陀様のお救いを信じて

阿弥陀様と一緒に過ごされている先立たれた方を思って

怠け心を反省する方はして

「南無阿弥陀仏」

そのお念仏が自分を励まし、これからも頑張ろうという心を育ててくれる。

この十夜法要にてご一緒にお念仏をお称えし、仏の国での千年にも勝る善行を積みましょう。

十日十夜の念仏を 積まば浄土の千年に 勝る功徳と諭されし 仏の教えありがたや

合掌

 

松風山 大覚寺 十夜法要

日 時 11月20日 (月)

法 話  13:00~  埼玉教区 圓心寺 石田祐寛上人

法 要  14:00~

関連記事

  1. 花まつり
  2. 変わるとは
  3. おぼうさん?おしょうさん?
  4. あこがれのゴールド免許
  5. 2月15日は涅槃会
  6. 12月8日は成道会
  7. 松風山 大覚寺 平成30年 年始法要の御案内 (正月初法要・修正…
  8. 大覚寺 施餓鬼会の御案内

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お寺ブログ カテゴリー

最近の記事

おすすめサイト

千葉市のインテリア仏壇 ルミエール

 

千葉市のギフトプラザ フレンド

PAGE TOP