ブログ

とある星にある国のお話。

「これは、宇宙のとある星のお話です。」

と始まるCMを御存じだろうか。

「その星では、おうちにも学校にも遊び場にも爆弾が降っていました。」

「その星では、1億5000万人もの子どもたちが働いていました。」

「その星は、地球です。」

「この物語を変えましょう。セーブ・ザ・チルドレン」

地球には今、過酷な状況で生活している子どもが沢山いる事を伝えているCMだ。

一方、地球のとある国の話をしたい。

「その国では、法外な値段でマスクを売る人や盗む人がいて、マスクを必要とする人々に行き渡りません」

「その国では、親が子どもに熱湯をかけたり、叩いたりして殺してしまいました」

「その国では、お年寄りや災害等で困っている人でも騙してお金を取ろうと、日々考える人がいます」

「その国では・・・」

ーーそう、「その国」、日本ではこんな事が日々起きている。

「子に過ぎたる宝なし」というように子どもは守らなければいけない。

出来るだけ、良い教育と環境、

何より深い愛情の中で育みたい。

そうしなければ、心が荒みやすくなってしまうという。

心を荒んだまま、大人になったら、

とある国、とある星は、どうなってしまうのか。

少しでも「その国」のようにならないように・・・。

まさに今、ウイルスはとても恐ろしい存在だが、

更に目に見えず、人々を傷つける怖い存在があるのではないか。

今こそ、大切にしたいものとは何なのか。

「必要なのは知識ではなく思いやりである。

思いやりがなければ残るのは暴力だけである。

心に愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ。

人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ。」

チャールズ・チャップリン

合掌

関連記事

  1. おぼうさん?おしょうさん?
  2. おべんとう
  3. またまた
  4. 家の習慣
  5. 花まつり
  6. なんでなんで攻撃
  7. ふと思う・・ (酉年にちなんで)
  8. せつもく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お寺ブログ カテゴリー

最近の記事

おすすめサイト

千葉市のインテリア仏壇 ルミエール

 

千葉市のギフトプラザ フレンド

PAGE TOP