ブログ

ふと思う・・住職の一人ごと(2-2)

「ハチドリのひとしずく」

森は燃えていました。

森の生き物たちは、われ先と逃げていきました。

でもクリキンディという名のハチドリだけはいったりきたり、くちばしの水の雫を一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。

動物たちがそれを見て「そんな事して、一体なんになるんだ」といって笑います。

クリキンディはこう答えました。

「私は私にできる事をしているだけです・・・・」

私達は、困難や災難に取り込まれてしまう時、あきらめや無力感に支配され、それを考えるだけで気が遠くなってしまう。

しかし、クリキンディはそんなときに、怒りや、妬み、嫉み、出し惜しみ、そんな事に身を任せる暇があるなら自分にできる事、自分にもできる事を淡々とやっていこうよと教えてくれています。

あの燃えている森は、この世を覆う数々の問題に苛まれている地球の姿かもしれません。

近年の異常気象による自然災害や環境破壊。

さらに、貧困、格差、差別、飢餓、戦争・・・世の中は大変な問題で一杯です。

しかしもっと大きな問題があります。

それはこれらの事に関して

「自分にそんな難しい問題を解決する力などない」

「そんなことしてなんになるの?」

と大切な事柄に目をつぶってしまう事です。

私たち一人一人はハチドリの力にすぎないかもしれません。

しかし、あきらめや無力感を吹き払い、しっかりと目を見開いて問題に向き合い「わたしたちにできること」について考え行動し、それを積み上げていくことができるとしたら、燃えている森の火を消すことができる力にだってなれる、かもしれません。

作家山本周五郎は語る。

人は≪何を為したかではなく、何を為そうとしたか≫が大切だ、と。

合掌

 

関連記事

  1. 松風山 大覚寺 十夜法要の御案内
  2. おべんとう
  3. 家の習慣
  4. 過ぎたるは猶及ばざるが如し
  5. 人間に生れてくるには。
  6. 聖夜
  7. 思い
  8. イチロー選手の鍛練

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お寺ブログ カテゴリー

最近の記事

おすすめサイト

千葉市のインテリア仏壇 ルミエール

 

千葉市のギフトプラザ フレンド

PAGE TOP