ブログ

またまた

「北の国から」から。

何度もすみません。

大犮柳太朗演じる「笠松杵次 かさまつきねじ」を御存じだろうか。

杵次は麓郷で嫌われ者の偏屈じいさん。

皆から、へなまずるい(うそつきの最上級?)ケチ等々言われている、悪口のデパートのような方。

しかし本編を観て頂けると分かるのだが間違いなく根はいい人。

妻を亡くしてから変わってしまったが昔は「仏の杵次」と言わていた程の方なのである。

その杵次であるが、馬を一頭飼っていた。

昔は、土地の開拓や交通手段として馬が活躍していたが、時代と共に車や機械が普及し馬を飼う人も減っていた。

その馬を飼っていることでさえも文句を言われる杵次。

しかし杵次は、馬を手放さなかったが経済的に困窮しついに売却してしまう。

長年苦楽を共にしてきた馬との別れ。

その夜、杵次はお酒に酔って川に転落し溺死してしまうのである。

そんな杵次のお通夜でも、土地の目安となる杭をごまかした等々、親族も杵次の悪口を言いたい放題。

そんな中、名優大滝秀治演じる清吉が涙ながらに訴えるのであります!!

「一町(10,000㎡)耕すのに2年もかかった!」

「町の功労者の苦労を、功労者の気持ちを忘れとる!」

「昔は仏の杵次と呼ばれとったよ!そんな時代もあったんだ!」

「それが何でこんな事になったのか・・・・それは・・・」

「みんなじっちゃんの苦労を忘れちまったからだ」

「忘れなかったのは、あの馬だけだ・・・その馬を売った時・・・その馬を手放したときぃぃ・・涙涙」

そして岩城滉一演じる草太が・・・・続きは是非本編をご覧下さい。

沢山の方に「苦労」をかけながら、沢山の方々の「苦労」おかげで今の自分がある。

親にかけた苦労。

御先祖になられた方々の苦労。

自分には見えない苦労、知らない苦労。

その苦労をしっかりと考え、忘れなければ大分行動も変わってくるように思う。

作中では、杵次の馬が猛吹雪の中動けなくなった車を助け出すシーンがある。

猛吹雪で視界もきかず、救助の車も出せず文明の利器も役立たず。

人間にはどうにもならない中、時代遅れと揶揄されていた馬が人を救うのである。

そんな馬も売られてお肉に・・。

名優大滝秀治演じる清吉の一言。

「車や機械に追いやられた馬が最後に車引き出したか・・・」

北の国から

是非ご覧下さい。

合掌

関連記事

  1. 支え
  2. ふと思う・・・住職のひとりごと。(2-1)
  3. ふと思う・・住職の一人ごと (2-1)
  4. 笑う門には・・・・
  5. 家の習慣
  6. ふと思う・・・住職のひとりごと。(2-2)
  7. 思い
  8. 2月15日は涅槃会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お寺ブログ カテゴリー

最近の記事

おすすめサイト

千葉市のインテリア仏壇 ルミエール

 

千葉市のギフトプラザ フレンド

PAGE TOP